富士吉田市よりへこみ・傷の板金修理事例(スズキ・MRワゴン)

 富士吉田市よりスズキ・MRワゴンの板金修理のご依頼です。

 

【大事なお車は当社にお任せください!】

 

▼修理前

まだ買って間もない大事なお車をぶつけられたそうで、かなりショックのご様子のお客様でした。
今回は相手様の車両保険を使っての修理となります。

 

当社はお客様のご要望に沿った修理内容をご提案します。
お見積りは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください(^.^)

 

修理内容
左フロントドア・・・板金塗装
左リアドア・・・新品交換
ロッカーパネル・・・新品交換

 

 

▼近寄ってみるとかなりの損傷です。

 

▼損傷したロッカーパネルは裁断機でカットします。

 

▼新しいパネルを溶接し、つなぎ目はパテを塗布し、乾いたら平らに均します。

 

▼リアドアは新品なので一度仮付けし、ロッカーパネルやフロントドアとの隙間などを調整します。

 

リアドアは再度取り外し、塗装します。
フロントドアのキズも修正したら取り外し塗装します。

 

塗装前に、下地材(サフェーサー)を塗布します。
サフェーサーには防水・防錆効果があります。

 

同時にお車に合わせて色を作ります。(調色作業)

 

▼マスキングをして塗装の準備が整いました。

 

 

▼同時に塗装する面も、塗料の密着を良くするため細かなサンドペーパーで当てていきます。(足付け作業)

▼新しいドアは無塗装状態で届くので、こちらも下処理をして塗装します。

▼フロントドアも傷を修正したら塗装の準備をします。

次に塗装ブース内で上塗り塗装を行います。(すみません、塗装工程の写真を撮り忘れました・・・)

 

調色した塗料を塗ります。
一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。

 

塗装時に、細かいほこりが付着することがあります。
手で触るとポツポツとブツが残っているのが分かります。
また塗装時に柚子の肌のように塗装面が荒れることもあります。
そういった事を修正するために、ブツを細かいサンドペーパーでけずったり、柚子肌の部分を細かいサンドペーパーで削ります。
最終的には、コンパウンドをあてて、細かいサンドペーパーのキズを消し、ツヤのある状態にします。

 

▼古いドアから新しいドアへ付属品を組み替えます。

▼綺麗に仕上がりました!

洗車と室内清掃を済ませたらお引渡しとなります。

 

お客様も新品同様のお車に戻り、嬉しそうでした!
くれぐれも事故にはお気を付け下さいね(^.^)

 

この度は、ご入庫いただき誠にありがとうございました!


また、何かございましたらお気軽にご来店ください<m(__)m>

 

当店では、お客様の予算やご希望に合った修理内容を提示致します。
このページをご覧の皆様も、一度お問合せください!(見積もりも無料です!)

 

◆ 修理事例一覧はこちら!

 

◆ お客様の声は、こちら!

 

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら!

 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0555-24-5477までご連絡ください。