富士吉田市よりキズ・凹みの板金修理事例(ホンダ・N-Box)

【仕上がり重視での本格修理は当社にお任せください!】

 

 

▼修理前

 

 

富士吉田市よりホンダ・N-Boxの板金修理のご依頼です。
交差点で停止中、後ろから衝突されてしまったとのことで入庫になりました。

修理内容
リアゲート・・・・・・・・新品交換
リアバンパー・・・・・・・新品交換
バックパネル・・・・・・・板金修理

 

 

▼ 追突事故は人身事故になりかねず、車だけの損害で収まらないことが結構あります。
今回は車だけの損傷で済んでいるようで不幸中の幸いですかね!

 

 

▼ リアゲートの凹みが結構大きいです。
見た目大したことが無いように見えますがこのような事故の場合、内部骨格まで損傷が及んでいることが多いです。

 

 

▼ リアバンパーまで被害が及んでいてリアゲート及びバンパーは交換することとなりました。

 

 

▼ リアゲートは取り替えることとなり、新品のパネルが入庫しました。
写真で見るように新品のパネルは黒い塗装膜の非常に高い防錆力を持つ電着塗装が施されている状態で入庫するので現車の色に合わせて塗装をしていきます。
塗装は下地処理のサフェーサを塗布することから始めます。

新品のバンパーについても同様に塗装を施します。

塗装中の写真がありませんが塗装工程の説明をします。

塗装に入る前にまず、現車の色に合わせた調色を行いますが、車のカラーコードから調べて塗料の調合を決定して塗装を行います。
色が決定した所でカラーベースの塗装を数回にわけて塗装し、サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。

バンパーは単体で塗装して乾燥後に車体に取り付けます。

カラーベース塗装の後に、透明なクリアの塗装をクリアベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
乾燥後、化学変化を起こして、固い塗膜になり、硬化後はシンナーなどの溶剤で溶けなくなります。
最終的には、塗装面のポツポツや塗装面の荒れを数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して塗面をツヤのある状態にする磨きの作業で完了です。

 

 

▼ 追突事故によくみられる後部バックパネルの損傷です。パネルが内側に押されて変形しているので、パネルに専用の引っ張り冶具を取り付けてウインチと油圧装置を用いて引き出して修正をかけます。

 

 

 

▼ バックパネルの修正箇所が平滑に仕上がったところにサフェーサを塗布して塗装を行います。
塗装にあたっては塗料がかかってはマズイ部分をマスキングをしてから塗料を塗布していきます。

▼ リアゲート及びバンパーの塗装が完了して、建付けを確認して組付けました。
バックパネルも綺麗に引き出されて組付けもうまくいきました。
取り換えを終えた、古いリアゲートとバンパーとなります。

 

 

洗車と室内清掃を済ませたらお引渡しとなります。

この度は、ご入庫いただき誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪
また、何かございましたらお気軽にご来店ください <m(__)m>

当店では、お客様の予算やご希望に合った修理内容を提示致します。
このページをご覧の皆様も、お見積りは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください (^.^)

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら!

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0555-24-5477までご連絡ください。