富士吉田市よりルーフペイント劣化の塗装事例(BMW 3シリーズ)

【ルーフ剥離の塗装は納得価格で仕上がり重視の当社にお任せ!】

 

 

▼修理前

 

 

富士吉田市よりBMW3シリーズの塗装依頼です。

中古車にて購入したが、他社にての修理箇所に納得できず当社に依頼されました。
途中作業を写真にて説明し、仕上がりにも納得いただけました。

修理内容
ルーフ・・・・・・・・・・改修塗装
スポイラー・・・・・・・・改修塗装

 

 

▼ 何故かルーフのペイントの劣化が他の個所に比較してとても進んでいて、見苦しい状態でした。

 

 

▼ アップで見ると劣化の状況がよくわかります。
塗装が剥離し始めている状態になっています。(≧σ≦)しょっく!!

 

 

▼ スポイラーは取り外して、単体で補修・塗装を行います。
サンディングで劣化した塗装を全て剥がし細かいサンドペーパーで削って平滑に仕上げ、サフェーサを塗布して、塗装に備えます。

 

 

▼ 酷いルーフ修理になりそうですね!
まず、ルーフ以外の個所を汚れから防止するためにマスキングを行ってから作業を開始します。
作業は劣化した塗装を剥がすことからはじめます。

研磨力が強く粗研きから仕上げまでできるダブルアクションサンダーなど使い分け塗装を剥がしていきます。

 

 

▼ 完全に劣化した塗装を剥がすには強力な剥離剤を使用して塗装を浮きだたせます。

 

 

▼ 強力な剥離剤なので塗って数分後にこんな感じに塗装膜が浮き上がってきます。

 

 

▼ 浮き上がった塗膜をグラインダーでしっかり削り落とします。

▼ 下地処理を施す前に細かいサンドペーパーで削る足付けの作業を行います。

 

 

▼ 塗装はまずサフェーサーを塗布することから始めます。

サフェーサとは塗料の下地となる塗料のことで頑丈な下地を作ることが出来ます。
塗装面を滑らかにすることに大きく貢献します。

研き作業によって生じるわずかな凹凸や傷を埋める効果もあり、さらに防水・防錆の効果もあります。

 

※ 塗装工程の写真を撮り忘れてしまったので次に塗装工程の説明を行いますね!

塗装は専用のブースで行いホコリの付着などを防止します。

現車の色に合わせるためにプロの塗装職人が調色を行います。
幾種類もの塗料をまぜて調合を繰り返し決定します。

塗料の調色が終わったら、カラーベース塗装は数回にわけて塗装します。
サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認しながら、ムラがないように慎重に塗装していきます。

カラーベース塗装の後に、透明なクリアの塗装をクリアベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
クリア塗装をすることにより、乾燥後、化学変化を起こして、硬い塗膜になり、硬化後は紫外線による劣化防止や対候性を増します。

スポイラーは単体で塗装して乾燥後に車体に取り付けます。

最終的には、塗装面のポツポツや塗装面の荒れを数種類のパフとコンパウンドを使い分け消します。
最後に、ポリッシャーを使用して塗面をツヤのある状態にしての磨きの作業で完了です。

 

※ 途中作業を写真にて説明し、仕上がりにも納得して頂けました。

洗車と室内清掃を済ませたらお引渡しとなります。

 

この度は、ご入庫いただき誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪
また、何かございましたらお気軽にご来店ください <m(__)m>

当店では、お客様の予算やご希望に合った修理内容を提示致します。
このページをご覧の皆様も、お見積りは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください (^.^)

 

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!https://cpk-ryu.com/category/voice/

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら!

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0555-24-5477までご連絡ください。