富士吉田市より板金塗装修理事例を紹介(トヨタ・アクア)

【車のキズ・凹みの修理は経験と実績豊富な当社にお任せください!】

▼修理前

富士吉田市よりトヨタ・アクアの板金修理のご依頼です。
とても大事にされているお車を後部ドアからリアバンパーにかけての損傷でお持ちになりました。
今回の修理は自動車保険対応となりました。

修理内容
右リアドア・・・・・・・・板金修理
右クオーターパネル・・・・板金修理
リアバンパー・・・・・・・板金修理

▼ リアバンパーのキズも確認できましたが、近寄ってみるとクォターパネルが結構大きく凹んでいます。(≧σ≦)しょっく!!

▼ くクオーターパネル、リアドアにかけてのキズもありました。

▼ リアドアのキズは写真ではよくわかりませんがクォターパネルからドア前方にかけて傷がついておりました。

▼バンパーの修理は一旦バンパーを車体から取り外して単体で板金修理することで丁寧に仕上げることが出来ます。
取り外したバンパーの傷の部分をサンドペーパーできれいに削り、その後に樹脂専用プライマーを塗布します。
塗装前に下地処理のための(サフェーサー)を塗布します。

▼ クオーターパネルの凹みはパネルが袋状になっていて裏側から叩き出す作業が出来ないので、ピンやワッシャをスタッド溶接で溶接してそこに専用の工具を取り付けて引き出し作業により凹みを修正します。
修正箇所は周辺の塗膜をサンダーで削り落として平滑に仕上げます。

▼ ドアの傷についても傷周辺の塗膜を削り落として平滑に仕上げサフェーサ塗布に備えます。

▼ 凹みや傷の修正が終えたところでサフェーサを塗布します。

リアドア、クォーターパネルも傷を修正したら塗料の密着を良くするため細かなサンドペーパーで塗装面に細かい傷をつける足付け作業を行います。さらに表面を溶剤できれいに脱脂します。

▼塗料がかかってはマズイ部分を専用のビニールシートで念入りにマスキングを行います。

次に塗装工程の説明を行いますね!
車体色と同一の色を再現するために塗料の調合を行います。
車のカラーコードからその色の調合を調べます。
データ通りに調合しても必ずしもピッタリ同じ色にはなりません。
そこで熟練した塗装職人により色が合うまで何度でも原色の配合を微調整します。

色が決定した所でカラーベースの塗装を数回にわけて塗装し、サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。

バンパーは単体で塗装して乾燥後に車体に取り付けます。

カラーベース塗装の後に、透明なクリアの塗装をクリアベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
乾燥後、化学変化を起こして、固い塗膜になり、硬化後はシンナーなどの溶剤で溶けなくなります。
最終的には、塗装面のポツポツや塗装面の荒れを数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して塗面をツヤのある状態にする磨きの作業で完了です。

▼ 板金塗装も終えて後ろ姿も輝きのある新車同様に仕上がりました!

洗車と室内清掃を済ませたらお引渡しとなります。

この度は、ご入庫いただき誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪
また、何かございましたらお気軽にご来店ください <m(__)m>

店では、お客様の予算やご希望に合った修理内容を提示致します。
このページをご覧の皆様も、お見積りは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください (^.^)

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら!

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0555-24-5477までご連絡ください。