山梨県南都留郡忍野村よりキズ・凹みの板金修理事例(スバル・XV)

【格安の板金修理は実績豊富な当社にお任せください!】

▼修理前

南都留郡忍野村よりスバル・XVの板金修理のご依頼です。
ホームページを見てご来店下さいました。ありがとうございます。
自費修理とのことで「なるべく安くお願します」とのご依頼でした。

修理内容
左リアドア・・・・・・板金修理
左クオーターパネル・・板金修理
リアバンパー・・・・・板金修理

 

▼ リアドアは写真で見るとさほど大きく見えませんが損傷が激しく本来ならドア交換のレベルのキズでした。(≧σ≦)しょっく!!

 

 

▼ オーバーフェンダ部分が内側に押されてクォターパネルに凹みが生じていました。

 

 

▼リアバンパーのキズも目立ちますね!早速取り外して修理を行います。

 

 

▼ リアドアのキズ部分は周辺の塗膜を削り落とし、クォターパネルに取り付けられたオーバーフェンダーを取り外して凹み部分を修正します。

まず周囲の塗膜をサンダーで削り落として平滑に仕上げます。

 

 

▼ クォターパネルの凹み部分はワッシャーを一度にたくさん溶接させて全体的に引っ張り出して修正をかけます。局部的に引き出してしまうと鉄板がボコボコになってしまい、おかしくなってしまうので、時間をかけて慎重に修正します。

ここでいかに平らにできるかが技術の差になります。

 

 

▼ 修正した箇所をさらにサンダーで磨いて仕上げます。

 

 

▼ 修正箇所にパテを盛り付け平滑に仕上げます。

パテはなるべく薄くが基本です。

 

 

▼ サフェーサがかかってはマズイ部分を専用のペーパーでマスキングをしてから塗布します。

 

 

▼塗装前に、下地材サフェーサーを塗布します。目の粗いパテの上に直接上塗り塗装をすると吸い込みがあるので、パテの跡が出てしまいます。それを防ぐためやサンドペーパーのキズを埋めるために行います。

 

 

サフェーサが乾燥したら最終的な塗装面を出すために、細かいサンドペーパーで研磨する足付けを行います。

▼ サフェーサはロッカーパネルの部分まで塗布します。

 

 

▼ リアバンパーは単体で修理をします。今回のキズはさほど大きくなくミガキで修正して、サフェーサがかかってはまずい個所をマスキングをしてからサフェーサを塗布します。

 

 

 今回はフロントドアのぼかし塗装も含めてリアドア、クオーターパネルの塗装を行います。
そのために車全体のマスキングを行います。

塗装に入る前に表面の脂分・ワックス分を専用の溶剤できれいに取り除く脱脂を行います。
これをやらないと塗料が弾いてしまい不具合が出ます。

 

 

次に塗装工程の説明を行いますね!

調色はプロの塗装職人が車体同一色に合わせるため、幾種類もの塗料をまぜて調合を繰り返し決定します。
カラーベース塗装は数回にわけて塗装し、サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。
カラーベース塗装の後に、透明なクリアの塗装をクリアベースと硬化剤を混ぜて塗装します。

 

 

 

 

▼ 乾燥・硬化を待って、最終的には、塗装面のポツポツや塗装面の荒れを数種類のパフとコンパウンドを使い分け、ポリッシャーを使用して塗面をツヤのある状態にする磨きの作業で完了です。

 

 

▼ どこに傷があったのかも全然分からないほどに綺麗に仕上がりました!v( ̄ー ̄)v

 

 

▼ どこから見てもまるで新車のような仕上がりで、元通りになった愛車を見てお客様も安心された様子で喜んでいただけました。

 

 

洗車と室内清掃を済ませたらお引渡しとなります。

 

修理費用が少しでも安くなるようにとほとんどの個所を部品を交換することなくきれいに仕上げることが出来ました。
お客様も仕上がりにご満足いただき、大変喜んでおられました。

 

この度は、ご入庫いただき誠にありがとうございました。(^人^)感謝♪
また、何かございましたらお気軽にご来店ください <m(__)m>

 

 

当店では、お客様の予算やご希望に合った修理内容を提示致します。
このページをご覧の皆様も、お見積りは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください (^.^)

 

 

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら!

 

 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0555-24-5477までご連絡ください。